閉じる
  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
閉じる
閉じる
  1. 今通っているサロンから違うサロンに乗り換えたい! 乗り換え割まとめ
  2. 全身脱毛の体験をするとしつこく勧誘される? 勧誘をかわすコツも伝授
  3. テーブル 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まと…
  4. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ
  5. 男だけど全身脱毛したい!メンズ全身脱毛や男性向けサロンについて
  6. 全身脱毛するなら脱毛サロンか家庭用脱毛器どちらがいいの?
  7. アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?
  8. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと
  9. 全身脱毛に適した年齢やタイミングとは?
  10. 大手サロン・個人サロンそれぞれのメリット・デメリット
閉じる

1番得する脱毛入門

相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!

menu

1番得する脱毛の学校

アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?

ムダ毛が濃くても、アトピー肌や敏感肌で人より肌がデリケートという理由で、脱毛サロンでの全身脱毛を諦めてしまっていませんか?
肌が弱いから絶対できないというわけではなく、肌状態によっては脱毛サロンデビューが可能です。ただし、普通肌の人よりも若干厳しい肌チェックが必要になりますから、肌がデリケートな人が安全に脱毛を始めるための、大切なポイントを押さえていきます。

アトピーや敏感肌の人でも脱毛サロンでの全身脱毛は可能?

アトピーや敏感肌の人でも脱毛サロンで脱毛することができますが、慎重に肌状態を見極める必要があります。安全に脱毛を始めるために、肌が弱い人専用の脱毛知識を身につけていきましょう。

基本的にはOK!でもサロンによって断られることも…

・無料カウンセリングを申し込む時、肌状態について伝える

脱毛サロンによっては施術を断られる場合もあります。無料カウンセリングを受ける前にWEB予約なら備考欄に、電話予約の場合対応してくれたスタッフに、アトピー肌や敏感肌であることを伝えておきましょう。

・医師の診断書が必要な場合もある

無料カウンセリング時には、スタッフが肌状態をチェックします。肌状態によっては医師の診断書が必要な場合もあります。面倒と感じるかもしれませんが、慎重にあなたの肌を扱おうとする脱毛サロン側の姿勢です。
サロンと医師のダブルチェックでOKが出れば、安心して脱毛がスタートできます。

自己処理or光脱毛|どちらが肌に優しい?

アトピーや敏感肌の人がムダ毛の処理をする時、自己処理をするのと光脱毛で脱毛するのと、どちらが肌に負担をかけないかご存知ですか?

ムダ毛が濃い人なら毎日、もしくは2日に1回というように頻繁な自己処理が必要です。カミソリは手軽に自己処理できますが、シェービングフォームを使い、毛の流れに逆らわず処理したとしても、ムダ毛と一緒に肌も削ってしまいます。
少しの刺激でも出血して傷口ができたり、肌が乾燥してゴワゴワした触り心地になる可能性があります。

光脱毛でのムダ毛の処理は肌へ負担をかけにくく、施術が進めば自己処理の必要もなくなり肌へ刺激を与えずに済むようになります。全身脱毛ができる肌状態であれば、光脱毛の方が肌に負担をかけません。施術が完了すれば自己処理による負担がなくなるので、それだけでも肌状態が改善できます。

施術が受けられないケースをチェック

下記の症状が出ている場合は、全身脱毛の施術が受けられません。アトピーや敏感肌に限ったことではありませんから、全身脱毛を考えている人は必ず確認してください。

肌に傷口がある・肌から出血している・湿疹、炎症がひどい

傷口・出血・湿疹・炎症・火傷などが起こっている部分は、光脱毛の光の刺激が肌に負担になります。肌が健康な状態に改善できてから処理をするか、トラブルがある部分だけテーピングをして光が当たらないようにして施術を行うかのどちらかになります。

肌に色素沈着がある・日焼けをしている

肌が色素沈着を起こしていたり、日焼けで肌が黒くなっていたりすると、ムダ毛の黒色に反応する光エネルギーが肌にも反応してしまい、赤みや火傷につながります。また日焼けをした後の肌は肌荒れしやすい状態なので、痛みを強く感じる上に赤みが出る原因にもなります。

ステロイド剤を使用している

ステロイド剤を肌に塗っている部分は、光エネルギーの熱が過剰に反応しやすくなります。火傷のリスクが高くなるので、ステロイド剤を使用していると施術が受けられません。施術を受ける場合は2週間~1カ月程度、ステロイドの使用を中止します。使用中止期間は脱毛サロンによって異なりますから、契約したサロンで確認をしておきましょう。

アトピーや敏感肌の人が脱毛サロンに通う時に注意するべきこと

アトピーや敏感肌の人に、特に注意してほしい点についてまとめました。必ず契約前に確認してください。

まずはかかりつけの皮膚科医師に相談する

まずはあなたの肌状態を一番よく把握してくれているかかりつけの皮膚科医に相談してみましょう。必要な場合は診断書を書いてもらい、脱毛サロンへ提出すれば施術が受けやすくなります。

無料カウンセリング時に、必ず照射テストを受ける

無料カウンセリングを受ける時は、自分の肌状態を正確に伝えましょう。スタッフが肌診断をした上で、施術を受けられるか判断してくれます。その後に照射テストをワンショットだけ受けて、肌に問題が起こらないかを確認します。
数日経過しても肌に異常がなければ、安心して脱毛がスタートできます。

保証期間の長い脱毛コースを選ぶ

脱毛プランの中には、保証期間が短いものもたくさんあります。万が一肌状態が悪くなった時は、無理をして脱毛の施術を受けてはいけません。一旦施術を休止して、焦らず肌状態が回復するのを待って再開できるよう、保証期限が長く、契約回数分を保証してくれる脱毛サロンを選びましょう。

キャンセル料がかからないサロンを選ぶ

予約をした1カ月、2カ月先に、肌状態が変わっているかもしれません。肌が弱い人は直前で予約をキャンセルする可能性が高くなるため、キャンセル料のかからないサロンを選ぶのがおすすめです。またキャンセル時に「1回消化扱い」になるかどうかも確認しておいでください。肌状態が悪くなる度にキャンセルをして1回消化扱いになると、せっかく支払った料金が無駄になります。

返金保証のあるサロンを選ぶ

肌の調子が悪化した時のために、返金保証のある脱毛サロンを選びましょう。脱毛プランを契約すると脱毛コースの施術料金は、現金・クレジットカードやショッピングローンを利用して、一括での前払いになる場合が多いです。解約をする時に返金保証制度があれば、支払った料金の残った回数分保証してもらえます。

ドクターサポート制度のある脱毛サロンを選ぶ

ドクターサポート制度のある脱毛サロンで施術を受けて肌の状態が悪くなった場合は、提携している医療機関で治療をしてもらえます。脱毛サロンによって若干ドクターサポート制度の内容が違う場合もあるため、

・医療機関にはスタッフが同行してくれるのか
・医療機関を紹介してもらえるだけなのか、治療費を全額負担してもらえるのか

この点については確認をしておきましょう。

普段から保湿ケアをこまめに行う

アトピー肌と敏感肌は、共に一年中肌が乾燥しやすい傾向にあります。光脱毛の施術を受けるなら、肌が潤っている状態の方がトラブルは起こりにくいです。保湿効果の高いボディローションやミルクを使い、肌が乾燥しないようにケアしましょう。

まとめ

アトピー肌や敏感肌の人の中には、脱毛サロンで全身脱毛の施術を受けることを「どうせ無理」と、最初から諦めている人も少なくないでしょう。

しかし、近年、脱毛技術の急激な発展により、アトピー肌や敏感肌の人でも全身脱毛が受けられるサロンが増えています。マシンの性能が向上し、肌への負担が益々かかりにくくなっているのです。施術後には各サロンオリジナルの保湿ケアで肌改善できる事例も多く、口コミサイトを見れば「アトピー肌だけど全身脱毛ができて、肌がきれいになった!」と、喜んでいる声も多数見られます。

アトピー肌や敏感肌だからこそ、正しい脱毛の知識を持ちましょう。最初から諦めず、信頼度の高い評判の良い脱毛サロンで、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

関連記事

  1. 全身脱毛完了までの期間・回数は?

  2. 全身脱毛のメリット・デメリット

  3. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ

  4. テーブル 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方…

  5. 全身脱毛中は寒い?すぐにできる寒さ対策

  6. 全身脱毛するなら脱毛サロンと皮膚科・美容外科などのクリニックどち…

おすすめ記事

  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン

全身脱毛を考える

ページ上部へ戻る