閉じる
  1. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
閉じる
閉じる
  1. レジーナクリニックのスペックと口コミ評判まとめ
  2. 今通っているサロンから違うサロンに乗り換えたい! 乗り換え割まとめ
  3. 全身脱毛の体験をするとしつこく勧誘される? 勧誘をかわすコツも伝授
  4. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ
  5. 男だけど全身脱毛したい!メンズ全身脱毛や男性向けサロンについて
  6. 全身脱毛するなら脱毛サロンか家庭用脱毛器どちらがいいの?
  7. アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?
  8. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと
  9. 全身脱毛に適した年齢やタイミングとは?
  10. 大手サロン・個人サロンそれぞれのメリット・デメリット
閉じる

1番得する脱毛入門

相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!

menu

1番得する脱毛の学校

全身脱毛完了までの期間・回数は?

全身脱毛をスタートするに当たって、脱毛完了までにどれくらいの期間と回数がかかるのか、とても気になる問題です。そこで少しでも施術期間を短縮するポイントや、最適な間隔で通うための毛の成長サイクル・毛周期について、分かりやすく解説をします。

全身ムダ毛のないキレイな肌に仕上げるには、何回くらい通えばいいの?

全身脱毛が完了するまでの期間は?

脱毛プランを決める時にすごく気になるのは、「何回くらい契約すればいいの?」ということです。契約回数が増えれば1回当たりの料金が手頃になるプランも多いですが、資金をできるだけ節約したいのが本音だと思います。
脱毛効果の感じ方には個人差がありますが、一般的な脱毛回数とムダ毛の減る量は以下のように言われています。

脱毛回数と減毛の目安とサロンに通う期間

脱毛回数
5~6回
12回前後
18回前後

どれくらい減毛できるかの目安 2カ月で全パーツ
照射
3カ月で全パーツ
照射
40~50%減毛
脱毛効果が実感でき始め、自己処理の回数
は減るが定期的に処理する必要がある
5~6回×2カ月=
10カ月~12カ月
5~6回×3カ月=
15カ月~18カ月
70~80%減毛
かなり自己処理の回数が少なくなり、
薄いムダ毛が数本生えてくる程度
12回×2カ月
24カ月
12回×3カ月
36カ月
90~95%
減毛・ほぼ自己処理の必要がなく、ムダ毛
がほとんど気にならなくなる=脱毛完了
18回×2ヶ月
36カ月
18回×3カ月
54カ月

どれくらい減毛できるかはあくまで目安です。もっと短い期間で脱毛を進行できる人もいれば、目安の回数の施術を受けても効果を実感できない人もいます。また2カ月に1度通うか3カ月に一度通うかで、脱毛完了までの期間に大きな違いが出てきます。
少しでも早くムダ毛の悩みから解放されたいという場合は、どんなペースで施術に通えるかを、プラン毎に比較をしておくと分かりやすいです。

これも計画通りに予約が取れて、問題なく施術が受けられたとしての話です。人気サロンの場合は思う日時に予約が取れないこともよくあり、体調や予定の都合で自分からキャンセルするケースも考えられます。

「もっと短期で脱毛完了できればいいのに」というニーズも多いために、最短2週間に1回施術が受けられるスピードコースを設けている脱毛サロンもあります。半年~1年程度で脱毛の完了を希望するは、スピードコースのプランで脱毛スタートするのがおすすめです。

プランの期限に注意する

・回数制コースを契約する時は期限を確認すること

回数制コースはまとまった回数を契約して、総額を一括または分割で支払う方法です。回数制コースはまとまった回数を契約するので、月額制コースよりもサービスが優遇されていることも多いです。
また、有効期限なしというサロンもありますが、有効期限を設けているサロンの方が多いです。有効期限内に回数分を消化できない場合は、残った回数分の料金が無駄になります。有効期限内に無理なく通える回数かをよく考えて、契約する脱毛サロンとプランを選びましょう。

・事前に回数を決めるのが難しい時は、月額制サロンがおすすめ

月額制コースの料金の支払い方法は、習い事をする時に月謝を納めるのと同じ形です。そのため通うのが無理と感じたら、解約を申請した翌月から支払いがなくなります。仕事の都合などで計画的に通えるかどうか不安が大きい場合は、月額制コースの方が気軽に申し込めます。ただし月額制コースを選択した場合は、都合で通えない月にも支払いがあるので要注意です。

脱毛完了までの期間を短縮するポイント

・シェービングを丁寧に行う

脱毛の施術の予約の前に、自分でムダ毛のシェービングを行わないといけません。シェービングをする時には肌に刺激を与えにくい電気シェーバーを使い、剃り残しがないようにしっかりチェックをしましょう。

剃り残しがあると、シェービングサービスが有料になるサロンも少なくないです。剃り残しがある度に1000円以上支払っていたらコストアップしてしまいますから、シェービングサービス無料のサロンを選ぶ方が便利かもしれません。シェービングサービス無料のサロンでも衛生面の理由から、VIOのシェービングサービスがないケースが多いですから、契約前に確認しておくのがおすすめです。

・肌や体調のコンディションを整える

肌荒れがひどい、日焼けをした、赤みが出た…このような肌トラブルが出ると、脱毛の施術ペースが遅れ気味になります。肌のコンディションを常に整えておくと、最大限脱毛効果が発揮できる上に最適なペースで施術を進められます。
また「夜更しをして風邪をひいた」など体調管理を怠ると、せっかくの予約の日にキャンセルをしないといけないことになります。健康管理を充分に行い、体調を整えるように心がけましょう。

全身脱毛に通う理想のペースは?

せっかく全身脱毛を始めるのだから、一番脱毛効果が実感できるペースで施術に通いたいものです。全身脱毛に通う理想のペースとは以下の通り、しっかり理解して最適なペースで予約を取りましょう。

毛周期に合わせて通うのがポイント

多くの脱毛サロンで2~3カ月に1度のペースで通うように言われるのですが、これは、会員数が多いため、できるだけ予約を分散させたいという商業目的の理由ではありません。実は、次の項目で説明をする毛周期に合わせて通うのが、一番脱毛効果が発揮できるため、このように勧められることが多いのです。

こんなサロンには要注意!

通常の光脱毛の脱毛マシンを導入しているサロンなのに、間隔を詰めて施術を行おうとするサロンには注意してください。短期間の施術では脱毛効果が出ないのに、利益優先で何度も来店させようとしている可能性があります。

毛周期とは…?

脱毛サロンの無料カウンセリングなどでも度々耳にする毛周期とは、簡単に言うと毛が生まれ変わるサイクルのことです。

毛周期のサイクル

毛周期 毛の状態
成長初期 皮膚の下で生える準備が整った状態
成長期 体表で成長して伸びている状態
退行期 成長が止まり、抜ける準備をしている状態
休止期 次に成長する準備をしている状態

光脱毛で脱毛効果が出せるのは、成長期と一部の退行期のムダ毛だけです。成長初期や休止期のムダ毛の施術は、成長期に入るのを待ってから施術を行います。この成長サイクルにぴったり合うのが2~3カ月に1度のペースで、予約もこのペースに合わせると、効率が良いのです。

発毛サイクルは部位ごとに異なる

脱毛の施術を受け始めると、早く脱毛が完了する部位と、時間がかかる部位が出てきます。例えば、腕や脚はムダ毛が目立たなくなったのに、アンダーヘアだけは施術を何度受けても薄くなりにくいケースがよくあります。これは部位によって発毛サイクルが異なるからです。

部位ごとの成長期の期間は、頭髪は約2~3年、顔は約2カ月、ワキは約5カ月、腕や脚は約3~5カ月になります。アンダーヘアだけは特殊な発毛サイクルがあり、休止期が1年程度と他部位よりかなり長いです。休止期が長いと施術をしても脱毛効果が出せないため、他部位より施術回数を増やさないと脱毛完了できません。

あらかじめ計画を立てて予約を取ろう

光脱毛の施術を受けると、その場や次の日にムダ毛が抜け落ちるわけではありません。スペシャルな日や薄着になるシーズンに合わせて、計画的に予約を取りましょう。

一番キレイになりたい日から逆算する

処理後2週間程度の期間を置くと、スルスルっとムダ毛が抜け落ちていき、その後はしばらくの間、ムダ毛のない素肌を維持することができます。しかし、抜け落ちるまで肌上では、ムダ毛が伸び放題になってしまいます。例えば、特別なイベントの1週間前に施術を受けると、最悪のムダ毛の状態で素肌を披露する羽目になるのです。

10月に結婚式があるなら1カ月前の9月に予約をするのがおすすめです。また、来年の夏にムダ毛のない肌にしたいなら5~6回は施術をしておきたいですから、前年の秋口から脱毛スタートするのが理想です。

期限に余裕があるなら夏の脱毛は避ける

光脱毛は毛周期に合わせて期間をかけて徐々に減毛する方法だと、カウンセリングを受けるまで知らないという人がほとんどです。そのため夏直前に焦ってムダ毛の処理をしようと、カウンセリングや予約を入れる人が増えて脱毛サロンが混雑します。
契約をしたプランの保証期限に余裕がある、キレイにしておきたいイベントまでは期間があるという場合は、夏場に施術の予約をするのは避けましょう。

また春先から紫外線が強くなるので知らず知らずのうちに肌は日焼けをして、肌トラブルが起こりやすい状態になっています。これも夏場に予約をするのを避けた方がいい理由です。

まとめ

改めてまとめてみると脱毛完了するまでには、かなりの期間と施術回数が必要なことが分かります。

ぴったり毛周期のペースで予約を入れていきたいところですが、生理がきそうな時には予約を入れない、イベントの日から逆算して予約を入れる、夏場は施術を避ける…など考慮していると、最適なペースで施術を受けるのはハードルが高そうです。とはいえ、大体のペースを合わせるだけでも、効果を実感しやすくなるため、ぜひ毛周期をベースにして全身脱毛の計画を立てるようにしてください。

長期間計画を立てて通い続けるのは大変ですが、臨機応変にできるだけ予約を入れる努力をして、ムダ毛の悩みを解決していきましょう。

関連記事

  1. 全身脱毛前日までに準備することや気をつけるべきこと

  2. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ

  3. キャンペーンを利用してお得に全身脱毛する方法

  4. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと

  5. 全身脱毛のメリット・デメリット

  6. 大手サロン・個人サロンそれぞれのメリット・デメリット

おすすめ記事

  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン

全身脱毛を考える

ページ上部へ戻る