閉じる
  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
閉じる
閉じる
  1. レジーナクリニックのスペックと口コミ評判まとめ
  2. 今通っているサロンから違うサロンに乗り換えたい! 乗り換え割まとめ
  3. 全身脱毛の体験をするとしつこく勧誘される? 勧誘をかわすコツも伝授
  4. テーブル 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まと…
  5. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ
  6. 男だけど全身脱毛したい!メンズ全身脱毛や男性向けサロンについて
  7. 全身脱毛するなら脱毛サロンか家庭用脱毛器どちらがいいの?
  8. アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?
  9. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと
  10. 全身脱毛に適した年齢やタイミングとは?
閉じる

1番得する脱毛入門

相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!

menu

1番得する脱毛の学校

知らないと後悔する全身脱毛のリスクとは?

全身脱毛を始める前は、ムダ毛がなくなりキレイな肌に仕上げられるというメリットにばかり注目してしまいがちです。しかし、どのサロンやクリニックでも100%安全であるという保証はありません。中には、肌トラブルを起こしたり、健康被害を受けたりしている例もあります。

全身脱毛のリスクを知らずに施術を受け、後で後悔しないようリスクについてもしっかり理解をしておきましょう。

全身脱毛で起こる可能性がある肌トラブル

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込むことで起こる炎症で、ムダ毛を処理した後にできやすくなります。肌に小さな赤いブツブツができて、化膿したニキビのように膿疱(のうほう)ができる場合もあります。

毛嚢炎が起こりやすい部位は顔・おでこ・背中・ワキ・ひざ・ふくらはぎ・デリケートゾーンで、特に皮脂が浮きやすい顔や湿度が高くなりやすいデリケートゾーンでは頻繁に起こります。

炎症を抑えるには、毛穴の周辺を清潔にするのが大切です。こまめに患部を洗いましょう。このとき、強くこすってしまうと膿を潰してしまう可能性があるので、泡だけで優しく洗ってください。また、患部に触れる衣服もこまめに洗濯し、清潔に保ってください。

皮膚科に相談すればニキビ用の薬などを処方してもらえます。ただし肌に塗り薬を使用すると脱毛の施術を一時中止しなければならない可能性があるので、薬を使用しているときはサロンスタッフに必ず相談をしましょう。

火傷

脱毛サロンで使用する光エネルギーのパワーは低いので、ひどい火傷を起こすことはほとんどありません。しかし、軽い火傷はよくあるトラブルの一つです。施術を受けるとき、肌状が乾燥していたり、何らかの原因で体温が高くなっていたりすると、リスクが高まり、むくみを感じる、赤みが出た、ヒリヒリするというような症状が数日続くことがあります。

施術後には脱毛サロンで脱毛部分を冷やしたり、丁寧に保湿したりしてくれますが、帰宅後も赤みやヒリつきを感じる時は、保冷剤や濡れタオルを使用して肌の火照りを鎮めましょう。このとき、保冷剤を肌に直接当ててしまうと凍傷になる可能性があるので、必ずタオルなどで巻いて使用してください。

こうした違和感を感じている場合、当日の入浴は軽いシャワーでも避ける方が無難です。また、違和感が強い場合は、肌に優しい保湿剤でも使用を避け、肌を冷やすのみにしましょう。2~3日様子を見ても治まらない場合は皮膚科など病院を受診し、塗り薬など処方してもらう方が回復は早くなります。

近年は、ドクターサポート制度を完備している脱毛サロンが多いです。翌日になっても症状が改善されない時は早急にサロンへ連絡をしましょう。赤みが出ている肌の状態の経過を写真撮影しておけば、サロンや医師への説明もしやすくなります。

全身脱毛のリスクは自己処理よりも圧倒的に低い

サロン・クリニックでの全身脱毛にリスクや健康被害の可能性があるのと同様に、自己処理にもリスクがあります。そして間違った自己処理を続けるなら、光脱毛の施術の方が圧倒的に安全です。知識なく自分で行う自己処理にはどれほどの危険が潜んで着るか、詳しく見ていきましょう。

家庭用脱毛器での自己処理のリスク

使い方が簡単で、好きな場所で好きな時に自分で光脱毛の施術ができるので人気が高まっている家庭用脱毛器ですが、説明書もよく読まず、素人判断で使用する人が少なくありません。
処理前後の肌の冷却が不十分だったり、脱毛効果を上げたいがために高い照射パワーで処理を行ったり、同じ場所を何度も重ね打ちしたりすることが原因で、炎症のトラブルを起こす人が続出しています。
また、本当なら使用してはいけない目の周りを無理に照射して、視力障害を起こすトラブルも報告されています。

毛抜きでの自己処理のリスク

毛抜きでムダ毛を引き抜く行為は、肌に1番負担を与える処理方法です。処理中に皮膚をつまんで傷口を作り、出血したまま、適切な処理をせず、放置すると将来シミができる可能性があります。また毛嚢炎埋没毛(塞がった毛穴の内部でムダ毛が伸びた状態。皮膚が黒くぽっこり盛り上がってします)を引き起こす可能性も高まります。

カミソリでの自己処理のリスク

1番簡単に短時間でムダ毛の処理が出来る方法ですが、ムダ毛と一緒に皮膚の一部まで剃り落としてしまい、カミソリ負けした場合、肌荒れや炎症を起こします。見えない部分を処理するときに肌を傷つけるケースも多く、長年継続して使用すると肌がガサついて色素沈着を起こすリスクも高まります。

肌の修復には時間がかかる

間違った自己処理を1度でも行うと、すぐに肌トラブルを引き起こす能性があります。しかしトラブルを起こした肌を修復するには長い期間と多額の資金がかかります。のちのち後悔するくらいなら、リスクの高い自己処理は中止するのが適切です。

全身脱毛のリスクや危険・健康被害を避けるには

繰り返しになりますが、どのサロンでもクリニックでも100%安全という保証があるわけではありません。しかし、しっかりとサロン選びを行えば、火傷などの大きなトラブルは、基本的には回避することができます。ここでは、安心・安全に施術を受けるためのサロン選びのポイントについて説明します。

経験豊富なサロンを選ぶ

会員数が多い大手サロンなら、社員教育システムも万全で頻繁に研修が行われているため、経験豊富なスタッフが多く信頼度は高くなります。中小・個人サロンについては全てがそうだとは言いませんが、教育が行き届かず、スタッフによって接客力や技術力に差がある場合も少なくありません。

各サロンの信頼度を確認するのに、各社ホームページに記載されている内容に目を通すだけでは不十分です。どのサロンも自社の売上を高めるためのPRをするわけですから、良い内容しか表示していません。口コミサイトの投稿など、第三者の評価をよく参考にして、本当に信頼度の高いサロンを選びましょう。口コミは悪い評価を参考にすると、そのサロンの弱点が見えやすいです。

万が一トラブルが起こった時の保証制度を確認

肌トラブルが起こった時のため、契約前にドクターサポート制度が万全かを確認しておきましょう。また病院を受診する際にはスタッフが同行してくれるのか、病院を紹介してもらえるだけなのか、治療費はサロン側負担なのか自己負担なのか、しっかり確認をしておくことが大切です。

自己判断はしないでスタッフに相談を

少々の体調不調の時に施術に予約が入っていたら、キャンセルするのが勿体ないと思い、サロンに出向くこともあるかもしれません。しかし、体調不調や施術不可事項を申告せずに無理に施術を受けてトラブルが起こった場合は、自己責任になるのでドクターサポート制度は適用されません。自己判断はせずに、気になることはどんな小さなことでもスタッフに相談するようにしましょう。

まとめ

全身脱毛のリスクについて、目を通した後でも「たぶん自分には起こらないだろう」と他人事に感じている人も少なくないでしょう。しかし、全身脱毛を行う以上、いつ何時自分にトラブルが降りかかってもおかしくはないのです。

肌トラブルが起こってから慌てることがないよう、事前に適切な処置方法やサロンのドクターサポートについて、しっかり確認しておきましょう。そして全身脱毛の施術を受ける際にはしっかり健康や肌の管理をして、ベストコンディションで施術を受けるようにしてください。

関連記事

  1. キャンペーンを利用してお得に全身脱毛する方法

  2. テーブル 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方…

  3. 全身脱毛前日までに準備することや気をつけるべきこと

  4. 全身脱毛は痛い? 特に痛い箇所や脱毛時の痛みを軽減する方法

  5. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと

  6. 全身脱毛するなら脱毛サロンと皮膚科・美容外科などのクリニックどち…

おすすめ記事

  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン

全身脱毛を考える

ページ上部へ戻る