閉じる
  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
閉じる
閉じる
  1. レジーナクリニックのスペックと口コミ評判まとめ
  2. 今通っているサロンから違うサロンに乗り換えたい! 乗り換え割まとめ
  3. 全身脱毛の体験をするとしつこく勧誘される? 勧誘をかわすコツも伝授
  4. 全身脱毛に通えなくなってしまったら… 各サロンの解約方法まとめ
  5. 男だけど全身脱毛したい!メンズ全身脱毛や男性向けサロンについて
  6. 全身脱毛するなら脱毛サロンか家庭用脱毛器どちらがいいの?
  7. アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?
  8. 全身脱毛サロンの選び方と契約前に確認しておきたいこと
  9. 全身脱毛に適した年齢やタイミングとは?
  10. 大手サロン・個人サロンそれぞれのメリット・デメリット
閉じる

1番得する脱毛入門

相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!

menu

1番得する脱毛の学校

全身脱毛とは? サロンでの処理方法について

全身脱毛とは?

「いつでもどこでも誰よりも美しくありたい」と、女性なら誰しも願っているはずです。それなのに自分の鏡で見るたびに、どこかに不満を感じていませんか?
濃いムダ毛もその不満の一つでしょう。ムダ毛のせいで自信が持てない、積極的になれない、流行のファッションにチャレンジできない…、そんな悩みを簡単に解決できるのが脱毛サロンの光脱毛です。

いまの脱毛のトレンドは、両ワキ脱毛を体験してから気になるパーツごとに処理をする部分脱毛コースから、全身まとめて処理することで料金がリーズナブルになる全身脱毛コースへシフトしています。
これは料金が毎月のお小遣いの範囲内で支払える「月額定額制」のサロンが増えたこと、さらに脱毛の需要やサロンの増加で料金がどんどん安くなったことが理由です。

ただし月額定額制を採用しているサロンなら、どこでもいいというわけではありません。自分にぴったりあった全身脱毛を始めるために、脱毛サロンを選ぶ際のポイントを紹介しました。

サロンによって「全身」の範囲は異なる

全身脱毛というくらいだから、「頭髪を除いたすべての部位が脱毛できる!」と最初に思うのが当然です。ところが脱毛サロンによって、脱毛できる範囲が違います。「せっかく契約をしても脱毛したい部位が含まれていない」ということがないように、きちんと確認をしてから契約をしましょう。

顔、VIOが含まれているかをチェックすること!

脱毛サロンによって、全身脱毛の対象部位が異なります。それは肌がデリケートな部分は処理するリスクが高いということと、毛質によって脱毛効果が異なるというのが理由です。
特に顔とVIOの部位は全身脱毛コースに含まれないサロンも多いので、契約前にしっかり確認してください。

顔脱毛

・顔脱毛を含まない脱毛サロンがある

いま非常に人気の高い顔脱毛ですが、全身脱毛の部位の中に顔が含まれないサロンがあります。

・顔で一部脱毛できない部位がある

顔の一部しか脱毛できない、例えば鼻下・顎先しか脱毛できず、額や頬が含まれていないというようなサロンもあります。そして目への悪影響を避けるため、まぶたの脱毛はほとんどのサロンでできません。

VIO脱毛

IラインとOラインは含まれているかチェック

Vラインはどの脱毛サロンでも含まれていますが、IラインとOラインは追加料金が必要だったり、Oラインは脱毛部位に含まないというサロンがあります。もしIラインやOラインの脱毛を希望するなら、双方を脱毛範囲に含んでいる脱毛プランを選びましょう。

全身脱毛の手順は?

脱毛サロンへ行けば、1回で全身・全パーツの処理ができるとは限りません。1回で全パーツの処理をする場合と、何回かに分けて全パーツの処理を完了する場合があります。同じサロンでもコースによって通う回数が異なるプランが用意されているケースもあるので、自分のライフスタイルに合うサロンやプランを選ぶ必要があります。

・全身を2~4パーツに分けるプラン

全身をパーツ分けして処理します。こまめに通えるけれど1回に長時間確保するのが難しい人におすすめです。メリットは1回当たりの処理時間が短いことです。全身を何分割するのか、何カ月かけて全パーツの処理が完了するのか確認して、自分の希望に合うか確かめましょう。

・1回で全パーツの処理ができるプラン

こまめにサロンに通うのが難しく、休日に時間をかけてのんびりお手入れをしたい人にはおすすめのプランです。1回当たりの処理時間が長くなるデメリットはありますが、通うペースは2~3カ月に1度なので、「自分へのたまのご褒美に!」という人にはぴったりです。

同じサロンでも使用する脱毛マシンで処理時間が異なる

多忙な女性が増えたことや、少しでも早く結果を出したいという要望が高まっているため、脱毛マシンの改良が進んでいます。そのため短時間で全パーツの処理が完了できる機器や、2週間に1度のハイペースで施術が受けられるというプランも増えています。同じサロンでも、使用する機器により処理にかかる時間や処理できる頻度が異なってきますので、注意してください。

サロンでの処理方法

脱毛サロンの光脱毛とひとことで言っても、細かく分けると脱毛サロンによって脱毛方法が異なります。それぞれの脱毛方法の特徴を説明しますので、自分に適切な方法を選びましょう。

IPL脱毛の仕組み

IPL脱毛とは?

IPLはインテンス・パルス・ライトという光エネルギーを使う脱毛方式です。ムダ毛の黒色の部分=メラニン色素にのみ反応する光エネルギーで、毛根に高熱でダメージを与えます。

IPL方式の特徴

・SSC脱毛法よりも処理のスピードが早いです。
・日焼け肌・色黒肌・ほくろ・シミなど色素の濃い部分は、火傷のリスクが高まるので照射できません。
・産毛には脱毛効果が出にくいです。
・元々は医療機関で美肌効果を目的として使用されていた光エネルギーなので、脱毛効果の他にシミを薄くする・毛穴を引き締めるなどの美肌効果が期待できます。

SSC脱毛の仕組み

SSC脱毛とは?

SSCはスムース・スキン・コントロールメソッドという理論で、イタリアのDEKA社が日本市場に向けて開発をした脱毛方法です。安定したクリプトンライトを肌に照射しながらビーンズジェルに含まれる有効成分フィリニーブの相乗効果で、刺激の少ない抑毛処理が行えます。

SSCの特徴

・IPL方式よりも処理のスピードが少し遅いです。
・産毛にも脱毛効果を発揮します。
・刺激がマイルドなため、敏感肌の人でも比較的安心して処理できます。
・痛みが少ないです。

ハイパースキン脱毛の仕組み

ハイパースキン脱毛とは?

成長期のムダ毛に高熱を与えて毛根を破壊する処理方法とは異なり、休止期の「毛の種」に特殊な光を当てて、発毛因子を減少させる処理方法です。いま生えているムダ毛を処理するのではなく、これから生えてくるムダ毛を少なくします。

ハイパースキン脱毛の特徴

・肌トラブルの心配が少なく、アトピー肌・敏感肌・ニキビ肌などのトラブル肌でも処理が可能と言われています。
・体感温度38℃の温かさを感じるだけで、痛みが全くありません。
・産毛にも脱毛効果があります。毛質によって脱毛効果が変化することはありません。
・フォト美顔の光を約3割含む特殊な光なので、脱毛と同時に美肌効果が期待できます。
・最短2週間、通常3~4週間に1度のハイペースで施術が可能です。

ハイパースキン脱毛は効果がわかりにくい?

IPL方式やSSC方式のように今伸びている成長期のムダ毛にアプローチをするのではなく、これから生える準備をしている休止期のムダ毛にアプローチをするのがハイパースキン脱毛法です。
IPL方式やSSC方式なら施術を受けて2週間前後でムダ毛が抜け落ちますが、ハイパースキン脱毛法は生えてくる前の毛の種を処理するため、ムダ毛が抜け落ちることがありません。時間をかけて徐々にムダ毛が生えにくくなるように処理をするため、ハイパースキン脱毛法の方が脱毛効果は実感しにくくなります。
とは言え、処理を続けていくと自己処理の回数が少なくなりムダ毛も目立ちにくくなるため、最終的には満足できる結果が得られます。

まとめ

一口に「光脱毛」と言っても、さまざまな種類があり、それぞれに特徴があるので、それらを踏まえ、自分に合った脱毛方法を選んでください。
お得に脱毛するには、事前にサロンごとに「全身」の指す範囲が異なることを知っておくことが大切です。特に、VIOや顔は全身に含まれないサロンがあるので、カウンセリング時にしっかりと確認しましょう。

関連記事

  1. 全身脱毛完了までの期間・回数は?

  2. 全身脱毛の相場や完了までの総額は? 月額制・回数制などコースにご…

  3. アトピーや敏感肌の人でも全身脱毛できる?

  4. 全身脱毛中は寒い?すぐにできる寒さ対策

  5. 全身脱毛のメリット・デメリット

  6. 全身脱毛は痛い? 特に痛い箇所や脱毛時の痛みを軽減する方法

おすすめ記事

  1. 全身脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  2. VIO(ハイジニーナ)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  3. 足(ヒザ下)脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  4. ワキ脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン
  5. 顔脱毛のメリット・デメリットとおすすめサロン

全身脱毛を考える

ページ上部へ戻る